華ある道を、慈悲を行く


人としての華

小松左京氏が
バンクーバーオリンピック後に
語った。

真央さんには人としての華がある。


金メダリストの同い年の
スケーターと比べて、
というのではなく
氏が真央さんから感じとった
こと、なのだろう。



f0375818_19530148.jpg



美しい会見であった。
静かな、海を見つめている
ような気持ちになった。

その水面はきらきらと光る。
太陽に照らされ風に揺られ
きらきらと光るのだ。


静かな海、
それは真央さんの心の中を
映し出していたのだろう。


松井秀喜氏の会見を
思い出した。
松井氏も
静かな、広く、大きな海の
ようであった。

トップアスリート、
とは
ほんの一握りである。

それが
成績を指すならば
それもほんの一握りであり、

それが
心技体、魂までもを
映し出すならば
更に一握りしかいない、
と思う。

深い追求心の厳しさを
鍛錬を激しい感情で鼓舞
するのではなく
静けさの中に昇華させて行く。

自身の深い場所を
信じることが出来る。
それが自身であると、
知っているからこそ。

f0375818_19530260.jpg



立ち振る舞い、言葉、
どれをとっても美しかった。
それは
真央さんのスケートと同じように、
フィギュアスケート史上、
もっともすべてが
美しい選手。



人としての華が成せる。



誰よりも華を持ち、
しかし
絢爛と咲くだけではない。
絢爛と咲きながら
絢爛と咲くからこその
慈悲を持ち。


人は生まれ、生き。
感情は数億とあるのだろう。
しかし、
数億の感情を知る由もなく
果てる。


感情を知れば知るほど
慈悲という華が咲くのだろう。


人としての華ある道を、
真央さんは歩み続けるのだろう。





f0375818_19530207.jpg






[PR]
# by la-luna20160918 | 2017-04-18 19:51 | Comments(0)

心の愛をありがとう


真央さんが引退した。
長く酷使してきた
心と体が心配だったので
私は安堵した。

そして今は
ただ涙が零れてくる。
なぜだろう。
自分自身のこれまでを
支えてくれて喜びであった
真央さん、
私にとってのミューズで
あった真央さんに、
勝手なセンチメンタルを。
それで私は悲しいのだろうか。

なぜか、
わからない。


ムーンリバー

月にかかる河を
あなたは何度も
渡り
何度も越えた。

あなたはたくさんの
煌めきを落す。
私は両手いっぱいにすくった。


あなたを見上げる私は
初めて月や星を目にしたように。


溢れる心の愛を
ありがとう。

f0375818_18094711.jpg




[PR]
# by la-luna20160918 | 2017-04-15 18:09 | Comments(0)



マーラーの
アダージェット。


ベジャールが
ジョルジュ・ドンに振付、
のちに現在ベジャールバレエを
継承するジル・ロマンも
踊った。

夢見がちな男の、
とある人生。
無数の感情と消えゆく光を
追い求め、やがて自身も消えゆく。
そんなふうに。

この曲は
ルキノ・ヴィスコンティの
映画
ベニスに死す
に使用されたことは
あまりにも有名であり。
なんとも胸が張り裂けそうな
切ない、苦しいほどに。
それでいてだからこそ
静かで美しい。


この旋律の感情が揺らめく機微を



高橋大輔さんに、演じてもらいたい。

f0375818_07302468.jpg




そして
この旋律の哀しみの果ての美を
浅田真央さんに演じてもらいたい。

f0375818_07302515.jpg





世界選手権が終わり
この時期、こうして
プログラムを想像する楽しみが
ある。

自分の好みはもちろんであるが
最近のスケーターで
こんなプログラムを、
と想像したくなるような
スケーターは
宇野昌磨選手ぐらいになった。

音楽を感じること、
内面から引き出す、
それはもう本能かもしれない。

考えて考えて
身につけて教わって
それは表現ではないと思う。

創作や見世物が舞台ではな
あるが
内側から溢れ出すものを
堰きとめることは出来ない。

すべては人の
エネルギーであるから。


[PR]
# by la-luna20160918 | 2017-04-02 07:30 | Comments(0)

佐保姫、春を連れ


忘れられぬ
イエテボリの奇跡。


f0375818_08062407.jpg




冒頭の不運から
自身の強さに任せ
自身を導いた。

ジャンプの成功はもちろん、
浅田真央の持ち味、
ステップやポジションの
美しさを稀有な音感を
余すことなく魅せてくれた。


春のお姫様、と讃えられたのは
強く美しいから、
そして素顔は飾らず可憐で
あるから、
そのすべてが王女のように
高貴であるからだろう。



スケーターとして
ひとりの女性として。
幾つもの
春夏秋冬を経てきた
真央さん。

春のお姫様は
今や
内面から溢れ出る美を
放つ

佐保姫のように。


春を連れてくるという佐保姫。

山から降りてきたならば
山は笑う。
野は春に寄り添い染まる。


佐保姫、

艶やかで美しいのは
その強さ、その神秘。


f0375818_08062405.jpg





佐保姫、春を連れ。


あなたが笑えば
山も野も風も空も喜ぶ。
愛に染まる。

f0375818_08062520.jpg





[PR]
# by la-luna20160918 | 2017-03-18 08:05 | Comments(0)

花明かり



薄暗い夜明けに
梅の白さが灯りとなっていた。

梅は散り風に舞う。

夜道を往くとき、
木蓮の白さが上へ上へ、と咲き
道標のように照らしていた。

あと幾日かで桜が咲けば
宵を照らす花明かりとして
その心を掻き立て奪うような美。


花明かり、
花明かりのようなひと。


f0375818_14432391.jpg



梅、桃、木蓮、桜。


演目によっては
バラや

f0375818_14432317.jpg





ラナンキュラスや

f0375818_14432420.jpg




ムーンダストに

f0375818_14432470.jpg





花は華であり
花は美、強さ、しなやかな、個性。
根を張り蕾から開く
決して揺るがす懸命に開く。


それが
明かりとなる。



あなたの、存在は
花明かり。


宵を
夜明けを照らす。


花明かり。
[PR]
# by la-luna20160918 | 2017-03-13 14:40 | Comments(0)